自力で二重にするにはかなりの手間と手数が必要になってくる

わたしは最初重。産まれてから奇跡的に二重になることもなく、ずーっと最初重。初めにアイプチをして、ずっとアイプチをして、それでも瞼のお肉が分太くて二重の型もなつかない。本当に嫌で嫌で、どうしても瞳の弾力がなくならなくて、メザイクも駄目。かれこれ13年いろいろやり続けて今日備えまつ毛で二重になる様になった。大人間になると瞳が窪む人間が居るけど、わたしは親ともにそうではなくて、これは自力でどうにかやるしか乏しい!と思い、瞼の脂肪を強めにマッサージするようにした。温めて、冷やして血行を良くして、マッサージして、色んな二重になりますよというクリームもして。それでもなかなかハリのある分厚い瞼はなくならなくて、けどやはり続けていくとともに年の事もあるのかどうなのか、瞼をマッサージすると抗戦がなくなってきて、骨がすぐそこに見受けるようになった。そこからホットアイマスクをしたり、お銭湯でも温冷を繰り返して定着させることが出来た。一重と二重の違いは目頭の蒙古ひだ。これがあるかないか、二重の人間はそこが切れてて目頭が見えておる。けど最初重の人間はかくれて見えていない。これに気付いてそっちも重点的にマッサージをして根本的に自力で面持を変えて決めると憧れ頑張った。人間に蔓延る目線を気にしている人間はいっぱいいて、その中でも本当に最初重と倍では激しく外見も変わってしまうので本当に綺麗な二重になる事例の憧れは保ち積み重ねる事例になると想う。